お店でアンティーク家具を買うデメリット

お店には限られたものしか置いていません


お店でアンティーク家具を買うデメリットとしてはお店には限られた商品しか置いていないという点です。お店のスペースが十分にあればそうしたデメリットは薄いですが、多くの場合、店内のスペースには限りがありますので、その分、陳列できる商品も限られることとなります。このためほしいアンティーク家具がなかなか見つけられないといった不便さに見舞われることとなります。これをフォローするために、店側では取り寄せ制度を導入するなどで対応していますが、実物を見ることができないうえ、時間がかかるといったデメリットもあります。いずれにせよお店でアンティーク家具を購入する場合は、できるだけ店内が広いお店を選ぶようにしましょう。

費用が割高なのも気になる点


そしてもう一つ、お店でアンティーク家具を買うときのデメリットとして挙げられるのが費用です。店舗販売ではどうしても人件費や在庫費用などといったコストがかかってしまいます。そのため費用が割高になる傾向にあります。これについては店側も人件費カットを徹底するなどして対応していますが、大規模な店舗ほど費用が高くなる傾向にあります。そこで最近目立つのが、費用が高い分、アフターメンテナンスを充実させるといった動きです。購入後一定期間において万が一不具合が生じた場合には無償で対応するなどがその主な内容です。したがって、お店でアンティーク家具を買う場合には、商品そのものの品質もさることながら、メンテナンスなどの商品以外のサービスについても注意を払う必要があります。